子供の養育費は離婚前に相談して決めましょう

離婚の手続きと子供のこと
夫婦が離婚するとき、離婚の手続きについて改めて考えなくてはなりません。
協議離婚なら、夫婦だけで離婚の手続きをしますが、何も問題なく円満に離婚の手続きを進められる夫婦は少ないと思います。
離婚の話し合いでは、問題が起きて、話し合いが停滞することはよくあります。
特に、話し合いでもめるのが、子供のこと、お金のこと、この2つです。
夫婦のどちらが子供の親権を持ち、今後養育していくのか、成人していたり、自分で判断できる年齢の子供なら、子供に判断を任せるという手もありますが、お子さんがまだ小さい家庭では、離婚した夫婦どちらに付いていくか、子供に選択させるのは酷です。
そのため、子供を引き取るため、夫婦が話し合いをするのですが、どちらも子供の親権を譲ることができない場合、話し合いは長期化します。
また、子供の養育費から離婚原因に対する慰謝料の支払い、夫婦が共有する財産の分け方など、お金が絡むとなかなか話は進みません。
そこで、子供のこと、お金のことで、夫婦が離婚について話し合いをするとき、どんなことに注意をして話し合いや交渉を進めればいいのか、話し合いに役立つ知識や情報をここでは紹介していこうと思っています。
子供がいる場合離婚か修復どちらが良いのか
近年、離婚する夫婦は増加傾向にあり、離婚のハードルが下がっているため、昔に比べて離婚しても受け入れてもらえやすい世の中ではありますが、それでも離婚をする事によって様々な影響はあるのは紛れもない事実です。
特に子供がいる場合は、離婚したいと思っても、子供の事も考えて離婚するか修復するかについてしっかりと考えていかなければいけませんし、子供の負担をできるだけ減らしてあげるようにしましょう。
子供は大人が思っているほど子供ではなく、例え年齢が小さくても家の悪い雰囲気を察する子供が多く、離婚するか修復するかで夫婦間で揉めていても、可能な限り子供の前は平静を装うようにしましょう。
離婚する事によって子供には父親か母親どちらかを失わせてしまい、父母揃った家庭で育つ事によって子供は安心して学校など家の外でも頑張る事ができいるのです。
また親の離婚によって、子供は学校などで虐められるケースもありますし、家庭のストレスを溜めこんだ子供が発散するために虐めの加害者になってしまうケースもあるのです。
そして離婚する事で養育費などの支払い義務がありますが、それでも収入が十分でなかった場合子供の将来の選択肢までも狭めてしまう可能性があります。
このような可能性を考えた上で離婚をするのか、修復をするのかですが、修復をするにも仮面夫婦のような形でしか修復できないのであるならば、それは子供の心に負担をかけ続ける事いなりかねないので、離婚する方が良いと言えるでしょう。
代理人との協力で円満離婚の可能性を高める
結婚した当事者同士が離婚に踏み切るなら、当該決断に関して何がしかの理由があります。お互いのメリットになる理由ではない場合、双方の言い分が激しく衝突しかねません。十分に話し合うのは大切ですが、言葉を交わしている段階で感情的になる可能性は低くないのです。
中立的な考え方が得意な人物が身近にいれば、話し合いの代理人に選任すると効果的です。各々に一人ずつ用意するに越したことはありません。複数人の代理人が存在すれば、自身の考えを客観的に見直す機会が得られます。
その一方で、意見を相手方に伝えるまでの間に時間がかかります。会社などで行われる会議を思い浮かべてください。関係者が意思疎通を繰り返して最終結論を出すまでには、ある程度の時間がかかることでしょう。同様の現象は、複数の代理人と協力する場合にも当てはまるというわけです。
自分の想いを相手方に伝えてもらうだけでなく、代理人からの意見も参考にすると良いでしょう。考えつかなかった妙案は、意外なところから生まれる可能性があります。婚姻関係の解消にあたり実現させたいことについて、より良い案に昇華させられるよう最善を尽くしましょう。代理人はあなたの良きパートナーでもあるのです。
離婚を決心したらしっかりと生活することです
かつては好き合って結婚しても、すれ違いや価値観の違いなどで離婚することになる人は割といます。女性の場合、離婚を決意したら、家事などをしっかりとする必要があります。示談で離婚が成立すればいいのですが、裁判になったりすると、妻としての役目をしっかりと果たしていたかどうかが問われることになります。
慰謝料を受け取る時にこの妻としての役割をしっかりしていたかどうかは非常に重要なものになります。妻に落ち度がなければ夫の責任になりますから慰謝料もかなり取れることになります。
しかし、夫に十分な収入がない場合は慰謝料はそれほどもらうことができません。離婚後の生活をどうするのかを考えておく必要があります。
子供がいる場合は親権の問題があります。たいていの場合、母親に親権が行くことが多いのですが、養育費なども支払ってもらわねばなりません。養育費は子供が成人するまでしっかりと払ってもらわなければなりませんので、離婚した後も、つながりを着ることはできません。
離婚しないのが一番いいのですが、子供がいる場合、破綻した結婚生活の中で育てるよりも、離婚してすっきりして子育てをした方がいいことの方が多いので、離婚という選択肢があります。
新着
協議離婚が難しい場合
離婚は当事者同士がするものですが、協議離婚で決着が付くのはかなり難しいです。特に現在は嫁から夫へのDVなども起きており、そうなった場合、嫁がいつまで経っても離婚に応じない場合があります。

続きを読む...

Copyright (C) 子供の養育費、離婚前に相談しよう All Rights Reserved.